« 乳酸菌、ビフィズス菌は食後が便秘解消に効果的 | トップページ | 肉好きの人の腸内は汚れている »

2014年12月14日 (日)

青魚のEPAやDHAで腸を整える

魚は、大腸がんの予防以外に、脳を活性化きせたり、動脈硬化を予防したりするはたらきもありまも1 日1回は魚を食べることで腸内環境も整います。

日本人の大腸がんが、戦後急激に増加した背景の1つに、魚をあまり食べなくなった、ということがあるかもしれません。
大腸がんは、サラダ油や大豆油、マーガリンなどに多く含まれるリノール酸を取りすぎると、がんの成長を促進しやすくなるといわれています。

一方で、魚の油に含まれるEPAやDHA などの脂肪酸は、がんを抑制するはたらきがあることが知られています。
EPAやDHAは、大衆魚といわれるいわし・さば・さんまなどの青背の魚や、まぐろ、かつお、たいなどに多く含まれます。

特に、秋さばや戻りがつおのような旬の「脂ののった」魚や、養殖の魚には、EPAやDHAが多く含まれています。

昔から魚をたくさん食べてきた日本人は、1日に1 回は魚を食べたほうがよいといわれています。すこやかな腸のために、魚好きになりましょう。

便秘もお肉や脂の摂りすぎ…という現代人が増えていることも大きな要因でしょう?

刺身や焼き魚、煮魚などの和食の魚料理は、食塩を多く取りすぎてしまうという欠点もあります。
魚は地中海料理にもよく登場する食材です。オリーブオイルやハーブなどを組み合わせると、使う食塩の量が少なくても、おいしく食べられます。

血栓の予防にEPA・DHA | 100種類のサプリメントの効能と効果
http://more-supplement.info/use/archives/30

« 乳酸菌、ビフィズス菌は食後が便秘解消に効果的 | トップページ | 肉好きの人の腸内は汚れている »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689484/58264265

この記事へのトラックバック一覧です: 青魚のEPAやDHAで腸を整える:

« 乳酸菌、ビフィズス菌は食後が便秘解消に効果的 | トップページ | 肉好きの人の腸内は汚れている »