« 肉好きの人の腸内は汚れている | トップページ | 日本人のほとんどは「ねじれ腸」で重症便秘になりやすい!治す決め手は大腸ゆらし »

2015年1月18日 (日)

現代人の腸は悪玉菌優位になっている人が多い

日本人の腸は、いま受難の時代を迎えています。食生活が肉食の多い欧米型になり、日常生活でのストレスが増大しているためか、大腸がんに代表される「腸の病気」が増えています。
腸内の環境が悪化すると、腸の病気にかかるだけでなく、長い間にはその他の病気を引き起こす要因にもなりかねません。

腸の主な病気は、大腸がん(急増する大腸がんは40代からが要注意)、潰瘍性大腸炎、ストレスが招く過敏性腸症候群、動物性脂肪の取り過ぎによる大腸ポリープ、さらに急性腸炎、10代から20代の若者がかかりやすい原因不明の腸の炎症であるクローン病などがあります。

まず、腸の基本的な働きについて確認しておきましょう。口から入った食物が食道と胃を経由して腸に運ばれます。
口から肛門までの消化管は、食物の消化、運搬、吸収、排泄を担当しています。腸は、胃と肛門の間にある全長約7~9mの消化管です。大きく小腸と大腸に分かれ、小腸は十二指腸、空腸、回腸、大腸は、直腸、結腸、直腸に分かれます。

小腸の長さは約5 ~7m、大腸は小腸より太くて長さは約1.5mです。小腸では膵液、腸液、胆汁の3つの消化液を分泌して、腸内のヒダから食物のほとんどの栄養素を消化・吸収し、数時間かけて大腸へ送り込みます。

大腸では、主に水分を吸収し、吸収されなかった食物の残りかすと腸内の細菌やその死骸などを便として肛門へ送り出します。

人間の腸内には100種類以上、100兆個の腸内紳菌が存在しています。形態としては、花畑のように1つな腸内フローラ(腸内細菌叢)を腸内の各部に形成しているといわれています。
場所によって、栄養素や酸素濃度が異なるため、腸内フローラを構成する細菌の種類と比率は違います。小腸の上部では腸内細菌の数が少なく、下部の大腸へ向かうほど細菌数が増加します。そして、これらの多様な細菌群は、腸内の各部で互いに排除したり共生したりという共存競争を繰り広げています。

この腸内細菌には、体に有益なものと有害なものがあり、前者を善玉菌、後者を悪玉菌と呼んでいます。実はもう1つ「日和見菌」 といわれ、通常の状態では何の影響も与えないが、条件次第でよくも悪くもなる菌が存在します。

腸内に存在する善玉菌は協力し合って、悪玉菌の増殖を抑え込んだり、悪玉菌が作り出す有害物質を中和したりします。加齢や精神的なストレス、体調不良や不規則な食生活、暴飲暴食などによって、善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内の腐敗が進み、アンモニアやインドールなどの有害物質が増えて、さまぎまな腸の病気が発生する可能性が高まります。
また、体の防御機能を担っている善玉菌の働きが弱まれば、発がん成分を含む有害な毒素を体内に溜め込んでしまいます。

この有害毒素は腸壁から吸収されて血液内に溶け込み、血液を汚染しながら全身をめぐり、長い間には肝臓や心臓、腎臓など各部の病気を発症させる要因にもなります。

善玉菌の代表選手である乳酸菌は、ブドウ糖などの糖分を栄養素として増殖し、その過程で多量の乳酸を作る微生物の総称で、ビフィズス菌が有名です。

一方、悪玉菌の代表は、大腸菌やウエルシュ菌といわれるものです。1900年代半ば以降、腸内に到達可能な乳酸菌を活用した発酵乳製品や健康食品が開発され、再び乳酸菌の有用性が評価されるようになりました。21世紀は「予防医学」の時代といわれていますが、この予防医学の観点から「プロパイオテイクス」が注目を集めています。プロパイオテイクスとは、口から摂取されて、生きたまま腸までたどり着いて、腸内の有用菌の増殖を促進したり、逆に、有害菌の増殖を抑制したりして、健康効果を発揮する微生物のことです。

その代表が乳酸菌です。多くの乳酸菌は腸に到達する前に、胃酸や胆汁などの消化液により死滅してしまいます。かろうじて腸まで到達できても、健康効果が判然としない乳酸菌もあります。

プロパイオテイクスの作用としては、整腸、大腸がんなど各種がんの予防、免疫力の活性化、血圧やコレステロールの抑制、腸内環境改善などが研究課題として関心を集めています。特筆すべきは、アトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギーを軽減する効果への注目が高まっていることです。肌荒れへの対応は、特に女性には見逃せないでしょう。

すでに乳酸菌は十分にとっている…でも肌荒れが治らない、肌トラブルが悩みだという人は、冷たいものを食べないように注意し、おなかを冷やさないように工夫し、ラクトフェリンを摂るといいでしょう。また、同時に動物性脂肪を控え、大豆を食べるようにするといいでしょう。
肌の調子がよくなればもとの食生活に戻しても大丈夫です。
悪玉菌優位になってしまった腸を善玉菌優位の腸環境に戻すのは意外にも時間と手間がかかります。

« 肉好きの人の腸内は汚れている | トップページ | 日本人のほとんどは「ねじれ腸」で重症便秘になりやすい!治す決め手は大腸ゆらし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1689484/58622308

この記事へのトラックバック一覧です: 現代人の腸は悪玉菌優位になっている人が多い:

« 肉好きの人の腸内は汚れている | トップページ | 日本人のほとんどは「ねじれ腸」で重症便秘になりやすい!治す決め手は大腸ゆらし »