美容・コスメ

2012年6月23日 (土)

キダチアロエで便秘解消

「キダチアロエ原液100」アロエエキスでお通じスッキリは、保存料・添加物が一切含まれていない、100%アロエ原液(キダチアロエエキス)で便秘解消をする説明がかかれているサイトです。アロエは、静岡県の伊豆で栽培された、キダチアロエを朝一番に摘み取ったもののみ使用した、100%アロエ原液ですので、体への吸収もとてもよいのが特徴です。 キダチアロエとは、日本で一番多く栽培されている一般的な種類のアロエです。アロエは、ヨーグルトなどにも入っており、スーパーやコンビニでもよく目にする食品です。「アロエヨーグルト」は、まさに便秘解消効果の高い、アロエとヨーグルトをミックスしたすばらしい食品といえます。 「アロエヨーグルト」などは、とても口当たりもよく美味しいのですが、意外に甘く糖分が含まれていることがすぐにわかります。ピュアなアロエを摂取したいところです。 アロエの便秘解消については、大腸内の水分を増やして腸の動きを活発にするアロイン、アロエモジンなどが含まれています。毎日飲み続けることで除々に定期的な便が排出されるようになります。 アロエの便秘改善効果はかなり注目されており、アロエヨーグルトもそのひとつですが、アロエを摂取すると、かなりひどい便秘体質の人でも過剰摂取すると、下痢になるほどです。便が緩くなりすぎた場合には、少し量を減らすことで改善されるので心配はいりません。

2012年6月18日 (月)

切り干し大根スープの作り方

今年2012年に入ってすぐの1月に壮快という健康雑誌で紹介された、便秘に絶大な効果があるという「切り干し大根スープ」の作り方をあらためて紹介したいと思います

材料は、切り干し大根(乾燥した状態で)半カップ。水が2カップ。
作り方は、切り干し大根をバットの上で広げます。2カップの水で戻します。5分程度です。
切り干し大根の水気を絞ってみじんぎりに。
鍋に水気を絞った切り干し大根を入れ、戻し汁とあわせて2カップの水を加えます。弱火でひと煮立ちさせます。時間は7分程度です。
さらに10分程度、弱火でクツクツと煮ます。最後に切り干し大根をこし、スープだけを飲みます。
作り方はとても簡単ですが、スープだけを飲むというところがポイントでしょうか。

もともと、アレルギー体質だった方がマクロビで体調が改善された体験談があり、この切り干し大根スープが紹介されていました。

よくよく見てみたら普段、いつも情報をいただいている「便秘を解消しよう!」のサイトでも腸をきれいにする大根スープということで紹介されているので、かなり信頼度も高い情報です。

大根には、脂肪を溶かす効果があるのだそうです。特に体内の古く固まった脂肪を溶かしてくれるのが切り干し大根です。また、切り干し大根は天日に干すことによって大根の成分のうち、特にビタミンB1やB2が大幅に増加しています。
切り干し大根スープと玄米中心の食生活で10キロ、20キロ痩せた人もいると記載されていたのには驚きました。

健康ブームで割と高価な健康食品が「…に効く!」とネットなどにもよく広告がでていますが、やはり食事で改善するのが一番です。
一時的に改善しても高いコストを支払い続ける…それを継続するのは、予想しているよりもハードルが高いものです。

日本の伝統食を使って健康体を作る考え方は生活習慣そのものを変えることになるので、ちょっとした「決意」も必要ですし、それなりに覚悟も必要かもしれませんが、本来、人間の健康というのは、快眠、快便、快食ですから究極にはつきつめればつめるほど、シンプルなものが答えとしてでてきて当然なのかもしれません。
「忙しい」をいいわけにしないで少し「食」と向き合うことが健康への一番の近道ではないかと感じています。

切り干し大根を少しまとめ買いしたら、マクロビへの挑戦の意志も固まるような気がします。

まずは行動あるのみ!

その他のカテゴリー