2020年7月 3日 (金)

便秘時にあじかん 国産焙煎ごぼう茶 ティーバッグ

特許製法で香ばしくすっきりとした風味とほのかな甘味!

Photo_20200703154702

特徴

特許製法で香ばしくすっきりとした風味とほのかな甘味に仕上げたごぼう茶です。
ごぼうのえぐみやアクの正体は、皮の周りにあるポリフェノールです。
通常、ごぼうは独特のえぐみを減らすために調理する時にはアク抜きを行いますが、この時に大事な栄養もおいしさも流出しています。
あじかんでは、アク抜きをしなくても、えぐみを抑えておいしくすることに成功。
ごぼう本来の旨みと香りを損なわず、皮まで丸ごと使うことで、ごぼうの栄養を摂れるようにしました。
また、皮付きのまま乾燥させ、独自技術でじっくり焙煎することで、パワーを引き出しています。
(製法特許取得:PAT.第5661263号)

飲み方

●煮出す場合:やかん等に500-600ccの水と本品1包を入れ、沸騰後3分ほど煮出してお使いください。
●水出しの場合:約400ccの水に本品1包を入れます。
冷蔵庫で2時間程度冷やし、お好みの濃さになりましたら本品を取り出してお召し上がりください。
●カップの場合:本品1包に対して、熱湯をカップ1杯分注いで、30秒蒸らしてください。
1包で、2-3杯飲めます。

保存方法
高温・多湿を避け常温で保存してください。

原材料名・栄養成分等
●名称:焙煎ごぼう茶(ティーバッグ)
●原材料名:ごぼう(国産)

2020年6月23日 (火)

フジッコの善玉菌のチカラで腸の調子がマックスにいい!

今年の1月に部署の移動があり、これまで働いて大好きだった部署とお別れして、たった5人しかいない部署へ。これまで35人の大所帯だったので、ある程度、省略できることも多々あったのだけれど、今回は、総勢5人ということで非常に細かい。これまでに経験したことのない「許可」を取るという行動に疲れ果ててしまった。おまけに4月中旬から在宅ワークになり、その「許可」を取るプロセスに四苦八苦。

上司は悪い人ではないけれど、基本短気。自分の思い通りにならないと「キレる」性格。仕事はできるし、社内でも「デキる人」として有名。

 

4月に在宅ワークがはじめってから、まず、朝7:30から5人でskyapeを使ったの会議。ひどいときは、11時頃までかかって午前中は仕事がすすまない。そして、2日後くらいにその仕事をストップしろ!との指示がでたり…少し頭がおかしくなりそうになっていた。

前の部署では、決まったことはどんどん進めていく。少し早めの進捗でもそれを上手にまとめあげる上司がいたからいつの間にか足並みがそろって最後フィニッシュできていた。

今の部署は、上司が恐ろしいほど慎重に物事をすすめるタイプで、石橋を叩いて石橋を壊すタイプだ。しかし、仕事への取り組み方は、間違っていないはずと思う。

今までの部署に15年もいたので、仕事の進め方が体に染みついてしまっていて変えるのが大変。今のスローペースで確実にこなしてすすめていくやり方に慣れない。けれど、ひとつの案件がフィニッシュすれば、変わるかも?とか思って頑張ったが、夜は寝られないし、朝飯も抜くことが増えた。そんなんで人生40年ではじめて、便秘に悩むことになった。

自分で「OLか!」とつっこんでみたりしたが、1週間たっても出ない。8日目に、漢方薬のピンクの粒の薬を飲んだら、ひどい下痢になってしまった。

それからまた、便秘続き。近所の内科に行ったら、生活習慣が変わって自律神経が不安定になっているのだと言われた。下剤は3日分だけ出してもらえた。

食事の時間、就寝の時間、起床の時間をできるだけ同じにするように言われたが、在宅ワークになってから寝る時間はかなりまちまちだし、食事はとったりとらなかったりがいけないと思った。

前に便秘を解消しよう!というサイトで紹介されていたヨーグルトの成分のサプリで効果があったという会社の後輩の話を思い出して、自分もサイトをさがしてみた。

サイトはすぐに見つかったが、ヨーグルトの成分が入っているサプリというのがどれかがよくわからなかったが、とりあえず、有名どころの「フジッコ」のサプリをぽちった。

2週間は、全く音沙汰がなく、出たり、でなかったりだったが、2週間を経過してから、昔のようにいいウ●チが出るようになった。

人間のからだは本当に思ったよりもデリケートなんだと痛感させられた。便秘がこんなにも生活に影響を及ぼしてしまうことにもあらためて驚いた。

ちょっとした環境の変化が体にはストレスだということになる。早いところ在宅ワークから脱したい。

フジッコの善玉菌のチカラ カスピ海ヨーグルトの乳酸菌カプセル | 便秘を解消しよう!

2020年3月24日 (火)

ミネラルウォーター「桜島 活泉水」をのんで便秘を改善したという生の声 常温でちびちび飲むのが大事!

便秘というと、食物繊維を摂れ!睡眠をしっかり!体を冷やさない!熟睡!ストレスをためない!など当たり前のことしか言われずに困ってしまいます。

そして、あらゆる対策がありすぎて自分に本当はどれが効くの?と迷ってしまいます。たまたま、旅行に行って2~3日便が出ない…などはちょっと食物繊維を摂れば改善してしまうかもしれませんが、ごぼうを摂っても、れんこんを摂っても納豆を食べても音沙汰無し…こういう人のほうが増えているそうです。

便秘外来のようなところは、本当に本当に困ってから来る人が多いので、そんじょそこらの下剤ではもう効かないのです。こういった人はどうしたらいいでしょうか?

1週間、10日と音沙汰がない場合には、まずその溜まった宿便をだしきって(多少強制的にでも薬を使う)その後は、便秘にならない生活を意識するのが一番の便秘脱出の近道だと思います。

最近の医療の考え方は、頭痛も軽度のうちに鎮痛剤を飲むとか、ひどくならないうちに対策をすることが解消の一番の近道だということです。

基本は、やっぱり適切な水分をしっかり摂ることです。これだけで便秘が改善する人がたくさんいらっしゃるそうです。トイレを気にして水分摂取を控えてしまい、便秘の原因につながっている人が多いということです。

 

九州地方の桜島 活泉水という軟水でとてもおいしい水があるのですが、この水で便秘が改善したという生の声を紹介したいと思います。

桜島 活泉水は、鹿児島県の桜島から採取されるアルカリイオン水です。九州で採取される水にはとても有名なものが多く、温泉水99なども同様にとても有名です。超軟水なので非常にまろやかな口ざわりですーっと体にしみ込んでいく感覚がとても心地いいミネラルウォータです。

水道水とはだいぶ違い、細胞のすみずみにまで浸透していくような感じです。かどがなくとてもまろやかです。

少し冷やして飲むとごくごく飲んでしまうので、常温で飲むのがいいようです。朝起きて、コップ1杯半(300cc)、会社に行く前に200cc、お昼の前に200cc、仕事中に200cc、夕方に200cc、風呂前に200cc、寝る前に100ccぐらいの感じで飲むと体が潤い、腸もよく動いてくれるようです。私達の体は、2~3日食べなくても問題ありませんが、水を飲まなければたちまち脱水になってしまいます。私たちが思う以上に水は体に必要不可欠です。

桜島 活泉水ですっきりとナチュラルに15キロも痩せた

痛風予防のために活泉水を飲み始めた

私は、今年の春から「活泉水」を飲んでいます。というのも、昨年の健康診断で「痛風に要注意」との所見が出てしまったからです。その後、再検査もせずにほあせうっておいた私は、焦っていまた

あと3ヶ月もすれば年に1度の健康診断がふたたびやってくる。もっと悪くなっていたらどうしよう」と。そんなとき、痛風が改善した人の体験談を雑誌で読むことがあり、活泉水の存在を知りました。

痛風には、「尿が2リットル以上になるように水を飲む」「アルカリ性の食品を食べる」などの方法が有効だということは、以前から知っていました。

ですから会社にも活泉水を常備し、1日2リットル如を目標に飲み続けることにしました。この夏は暑かったせいか、目標は難なくこなせました。

水を飲むと、食欲が抑えられるので、おやつを食べなくなります。同時に炭水化物を控え、アルカリ食品であるワカメをたくさんとるようにしていました。

ダイエット中も快便が続き調子がいい


健康診断の月には、12 ~13キロの減量に成功。現在は、マイナス15キロを達成しています。体は、ずいぶん軽くなりました。といっても、更年期のせいか、この5~6 年間で15~16キロほど太りましたから、もとに戻ったという感じなのですが。

驚いたのは、ダイエット中でも快便だったことです。活泉水を飲んでいる問は、食事をへらしているにもかかわらず、バナナのような立派な便が、切れずにスルスルっと出るのです。まるで、

体の中にたまっていた不要な物がどんどん出ていくような感じです。肌にも変化がありました。よどんだ印象だったのに、肌の色ツヤが驚くほどよくなったのです。


体重が落ちた直後は、一時的に肌のシワつぼさが気になりました。でも、活泉水を続けて飲むにつれ、肌はだんだんと落ち着いてきました。

いまでは鏡を見るのが楽しくなるほど化粧のりがよくなり、うれしいかぎりです。では、痛風の数値はどうかというと、健康診断では、昨年とほぼ変わらず。でも、何もしなかったら悪化していたかもしれませんから、やはり水を飲み続けてよかったと思っています。体重も臓調にへっていますし、これからも活泉水を続けようと思っています。
活泉水で長年の不眠と便秘が解消

入院中の頑固な便秘も改善

活泉水を飲み始めたきっかけは、近所の整体院の先生からすすめられたからです。もともと、私は不眠症で、長らく睡眠薬を飲み続けていました。 副作用も心配だし、「体によくないな」と思っていたのですが、薬なしではどうしても寝つけないのです。

そんな私の事情を知っていた整体院の先生が、「この水を飲むと安眠できるよ」と、教えてくださったのです。半信半疑で飲んでみたところ、普通の水よりもはるかに口あたりがよく、おいしく感じました。かどがないと言えばいいのでしょうか?とてもマイルドな舌触りで体にゆっくり浸透していく感じがしました。

まずいものを継続して摂るのはイヤですが、おいしいものなら、自然と長続きします。私の場合も、たいした期待はせずに飲み続けていたのですが、いつのまにか薬なしでも眠れるようになっていました。今では、睡眠薬はまったく使っていません。 布団に入ると、たちまち寝入り、ぐっすり朝まで安眠できます。

おかげで、心も体も毎日晴れ晴れ。スポーツをしても体が軽く、疲れも残りません。私は何度か入院を経験しているのですが、そのたびに悩まされていたのが便秘です。昨年、股関節の手術で入院したときも、案の定、ひどい便秘になってしまいました。とくに活泉水を愛飲するようになってからは、毎日便通があり、いたって快調だったので、苦しさもひとしおでした。「活泉水さえ飲めれば」と、持参しなかったことを、入院中に何度も悔やんだほどです。とはいえ、退院後に活泉水を飲むようにしたら、たちまち便秘が改善。毎朝の便通が戻りました。現在も、便秘とはきっばり無縁な生活です。この水は一生手放せません!

2020年2月18日 (火)

「桑の葉美人」で便秘もスッキリ

桑の葉美人 には、大豆イソフラボン、抹茶、乳酸菌の4つの要素が入った美味しい粉末の青汁です
桑の葉は、化粧品の原料エキスなどでも知られているように、フラボノイドを豊富に含有しています。

青汁で便秘もスッキリ健康に

Photo_20200218153701

こんな方におすすめ

  • カラダの中からキレイにしたい方に
  • 糖質が気になる方に
  • 肉食や脂肪食が多い方に
  • 健康維持を心がけている方に
  • 野菜不足が気になる方に
  • 更年期を迎えた方に

桑葉に含まれる「DNJ」が糖をブロック

肌の老化・肥満の原因は糖質にアリ。過剰な糖質摂取は健康にも美容にも大敵です。
糖化は、肌のハリ、弾力を失わせ、シワ・タルミ・くすみなど老化の大きな原因の1つでもあり、肥満へ導く原因でもあります。
そこで活躍するのが、植物では桑だけに含まれるDNJという成分。
飲食の30分前に摂取すると腸で働き糖の吸収を先回りしてブロック。
手軽にエイジングケアとボディメイキングを習慣化しましょう。

無農薬の国内産と特許製法

桑の葉美人の原料となる桑葉は、枯葉などから作られる自然肥料だけで大切に育てられた国産の桑葉のみを使用しています。一般的な製法では、熱湯で茹でることで葉の変色を防ぐため、桑葉の持つ水溶性成分(DNJやビタミン類)が熱湯に溶けて失われてしまいます。
桑の葉美人の製法では、スチームプランチングという特許製法を使用。スチーム(蒸気)で蒸して葉の変色を防ぐので、桑葉の持つ栄養を損なうことなく丸ごとキープできます。

桑の葉美人はこちら。

2019年11月 8日 (金)

便秘外来でもおすすめの便秘対策朝ジュースはコレだ!

腸のためにおすすめの朝食で洋食和食と紹介しましたが、とてもシンプルですぐに実践できそうなメニューです。頑固な便秘に悩む人のほとんどが朝食抜きの習慣を長く続けており、朝食を毎日の習慣にしていただくのが、まず高いハードルになっていることを実感しています。そのためにもできるだけシンプルな朝食を紹介しています。朝食を食べるぐらいなら寝ていたい!という人が多いのは現場で仕事をしていればよくわかります。

ここで紹介するのは特製便秘対策朝ジュースです。

  • バナナ 半分
  • 調整豆乳 100ml
  • 無脂肪ヨーグルト 100g

が材料です。

この3種類の材料をミキサーにかけて飲むだけです。ミキサーがなければ、豆乳とヨーグルトにバナナを小口に切って潰して入れるだけでもOK です。

便通を促すジュースであると同時に栄養価も高いのでおすすめです。バナナには食物繊維と腸内環境を整えるオリゴ糖が含まれていて便秘には効果的です。

また豆乳、ヨーグルトも腸内の善玉菌を増やす働きがあります。ヨーグルトは無脂肪のものを選ぶとヘルシー度もアップします。甘味として、はちみつやオリゴ糖をプラスしてもOK です。

特にオリゴ糖は、腸内善玉菌・ビフィズス菌のエサになる成分で、摂取によって善玉菌が増加するといわれています。またはちみつにもオリゴ糖が豊富に含まれているので、プラスすることでより腸内環境を整えるのにおすすめです。

そしてバナナに飽きたらりんごでもアレンジ可能です。りんごにはペクチン(水溶性食物繊維の一種)が含まれていて、これも腸内の善玉菌を活性化させます。またエクストラバージンオリーブオイルを大さじ1杯入れると、さらにパワーアップします。たった1 杯のジュースですが、これ1杯で腸にとってのスペシャルドリンクになります。腹持ちもよいので、時間のない朝にぴったり。ぜひお試しください。また腸内リセットプログラムのファスティングジュースとしてもおすすめです。

便秘を解消しよう!

 

2019年9月 6日 (金)

発酵黒豆エキスは、糖尿病、脂質異常症などの予防、改善にも

「発酵黒豆エキス」の効果は高血圧だけにとどまりません。まずは、糖尿病に対する効果についてです。糖尿病とは、インスリンの働きが十分でないために、血糖値が高くなって起こる病気です。

血液はドロドロの状態になり、神経や臓器などにダメージが及ぶようになります。すると、網膜症、腎症、神経障害などの合併症を発症する確率も高まります。3大合併症と呼ばれるこれらの症状は、いったん進むと非常に大変です。

 

そんな糖尿病の発症には、内臓脂肪の増加が関係しています。内臓脂肪は、インスリンを効きにくくする物質を分泌することから、高血糖状態を悪化させるのです。さらには、悪玉コレステロールや中性脂肪の倦も上昇します。その点、黒豆の皮に含まれるアントシアニンは、内臓脂肪の燃焼を促します。これにより、内臓脂肪の蓄積から始まる、糖尿病、高コレステロール、中性脂肪の増加という病気の悪循環を断ち切るこができるのです。

 

このアントシアニンには、強力な抗酸化作用があり、体内で発生する活性酸素を除去してくれます。強い毒性のある活性酸素が除去されれば、膵臓の働きが回復。すると、インスリンの分泌もよくなり、血糖値が改善します。

たとえば、白内障は加齢による活性酸素が原因ですが、積極的にルティンを摂れば活性酸素を除去し、かすみなどが改善されます。人の老化を食い止めることはできませんが、活性酸素の排除は努力次第で可能です。

 

また、クエン酸によっても、ブドウ糖が活発に消費されるようになり、高血糖の改善につながります。次に、肥満や脂質異常症に対する効果です。脂一質異常症とは、血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪などの脂質が、一定の基準よりも多くなる病気です。血液中に含まれる脂質が多くなると、しんきんこう血液がドロドロになつて、心筋梗そく塞や脳卒中のリスクが高まります。

東京農業大学などの研究チームが行った実験では、発酵黒豆エキスをマウスに与えると、肝臓の脂質濃度と、血液中の中性脂肪の量が減ることがわかっています。

 

これは、エキスが肝臓における脂質代謝を活性化させるためでしょう。つまり、エキスは脂質異常症の改善にも大きな効果があると考えられるのです。そのほかにも便秘解消や、更年こつそしようしよう期障害の予防・改善、骨租髭症などにも効果があります。また、美肌・美白などの美容効果も確認されているのです。皆さんも、何歳になつても健やかな生活を楽しむために、ぜひ発酵黒豆エキスの飲用を始めてはいかがでしょう。毎日、おちょこ1杯のめばOKです。

https://wahuu968.blog.fc2.com/blog-entry-415.html

2017年7月11日 (火)

リンゴミルクで整腸

「腸カアップ」のために、特にお勧めするのは、「リンゴミルク」です。手軽に作れてとっても美味で、便秘解消に効果抜群! ぜひとも、お試しいただきたい、とっておきの整腸ドリンクです。

  1. リンゴを半分に切り、芯を取って、皮はむかずに適当な大きさに切る。
  2. 1と80mlの牛乳をミキサーにかける

これを毎日、朝晩1杯ずつ飲んでいただくといいでしょう。

さて、古くから「1日1個のリンゴで医者いらず」といわれているように、リンゴがさまざまな健康効果を発揮することは知られていました。特に、豊富に含まれている食物繊維が、便秘解消に役立つことは、周知のとおりです。

ですが、このような考え方が広まったのは、今からほんの30年ほど前のことなのです。以前は、食物繊維などというものが、何かの役に立つなど、だれも考えていませんでした。

青森の大学でリンゴの皮やカスを乾燥させたものを摂取する試験をした結果、整腸作用が発揮されることを導き出したのです。

それ以来、私はリンゴを皮ごと摂取できるリンゴミルクを愛飲するようになりました。その結果、すっかり便秘とは無縁になり、便通の回数が1日2回にふえたほど。そのおかげで、還暦を過ぎた現在でも、スベスベの美肌をキープできていると自負しています。

ですが、もとはといえば私のところは便秘家系で、私自身も若いころは悩んでいました。そもそも、男性に比べて、女性のほうが圧倒的に便秘になるのは、しかたがないのです。それには、ホルモンバランスの違いや、腹筋の力が弱いのであまりいきめないなど、いくつか原因があります。

しかし、実は、男性よりも食物繊維の摂取量が少ないことも、大きいのです。イメージでは、女性のほうが食物繊維を積極的にとっているようですが、これは、トータルの食事量が関係しています。つまり、稔食事量が女性のほうが少ないため、結果的に食物繊維の摂取量も少なくなるのです。

だからといって、食事量をふやすわけにもいきません。そこで、「リンゴミルク」が役に立ちます。
先ほどお話ししたように、リンゴの皮は、便秘解消に役立つ食物繊維が豊富に含まれています。

リンゴミルクのように、皮ごとミキサーにかけてしまえば、抵抗なく摂取できます。これ1杯で飲みごたえは十分です。腹もちがいいので、朝食はこれだけでもけっこうです。

食物繊維のほかにも、整腸作用を発揮するペクチンがたっぷりと含まれており、便秘解消をバックアップ。また、リンゴに含まれるカリウムは、肌の水分バランスを保つのに効果を発揮します。便秘が解消して、お肌がスベスベになること請け合いです。これだけ便秘解消に役立つリンゴですが、これをミルクと組み合わせたところがポイントです。

実は、高齢のかたほど、牛乳をあまり飲まないものです。どうやら、おなかをこわすという印象が強いのでしょう。

牛乳の量は、お好みで加減していただいてもいいですし、冷たい牛乳が苦手なかたは、温めた牛乳で作ってもいいでしょう。

リンゴに含まれるビタミンCは、熱に強いので壊れる心配はありません。牛乳を少なめにすれば、すりおろしリンゴのようになりますから、おやつ代わりに召し上がってください。

天寿りんご黒酢 おなかの調子を良好に保つ調味酢 | 便秘を解消しよう!

2017年4月21日 (金)

痔核(イボ痔)の治療に関して イボ痔の原因から治療まで まずはドラッグストアーや通販の薬を試す 治らなかったら次の方法を

痔核(イボ痔)

便秘に悩む人の中には痔核に悩まされている人もいるかもしれません。俗にイボ痔と呼ばれ、一般に痔というのはこれを指します。

 

実際に男性でも女性でも肛門疾患のなかで最も頻度の多い疾患です。

 

いぼ痔は、以前は直腸肛門部の静脈叢の静脈瘤であるという考え方が一般的でした。つまり、イボ痔は直腸末端と肛門という便の出口に網の目のように集まっている静脈が病的に膨らんでしまった病気であるという考え方です。

 

原因としては、排便時にいきむ癖などが腹圧を上昇させ、肛門部の静脈のうっ血を来し、血管をふくらませるとの考えでした。

 

 

 

しかし、最近では、痔核は単に静脈が網の目のように集まっているだけでなく、細かい動脈とも繋がっており、そのほかに筋肉や結合組織などの細かい線維も含まれていること、そして痔核の症状のない正常の人を調べても肛門には痔核があることがわかってきました。

 

このようなことから、痔核は病気というよりは正常に存在するものであって、肛門の閉鎖に役立っているクッションのような部分であり、それが大きくなって出血したり、肛門の外に脱出するようになると、病気として認識されるのだということがわかってきました。

 

肛門部への負担をかけていると、肛門を閉鎖する部分に力が加わって、うっ血を来すようになり、出血しやすくなります。そして、もっと負担が加わると、その部分を支えている組織が進展したり、部分的にちぎれてしまい、肛門の外へ脱出するようになります。

内痔核と外痔核

 

痔核には大きく分けて直腸側の内痔核肛門側の外痔核があります。ただ外痔核は、ふつう内痔核と一緒に存在し、単独で問題となるのは血栓を生じた血栓性外痔核となった時です。

 

そのため痔核というと一般には内痔核を指します。内痔核が進み、脱出するようになるとだっこう脱肛といいます。また、内痔核だけでなく外痔核部分も合併するようになると内外痔核といいます。

痔核の原因

肛門部に負担がかかることが原因です。そのいちばんの原因は便秘です。便秘になると便が硬くなります。

 

硬い便を外に出すことは肛門部を刺激し、負担をかける結果となります。また排便時にいきむようになってしまい、下腹部に力を加えるため、さらに肛門部に負担がかかる結果となります。

 

便秘はこのような状態が長年にわたって繰り返し続くので、痔核のいちばんの原因となります。便秘の逆といえる下痢もよくありません。

 

下痢便は、ものすごい勢いで排便されるので、どうしても肛門部を刺激し負担をかける結果となります。長時間の同じ姿勢もよくありません。肛門は体の下のほうに位置するため、同一姿勢が長くなると、どうしても肛門部にうっ血を来し負担がかかってしまいます。

 

力仕事、激しい運動も原因となりえます。妊娠、出産も肛門部へ負担をかけてしまうため、内痔核の原因となります。

 

嗜好品ではアルコール、辛いものもよくありません。アルコールは肛門部のうっ血を来す元になりますし、飲みすぎれば下痢となり、やはり肛門部へ負担がかかります。

 

唐辛子、わさび、こしょう、カレー粉などの辛いものも排便の際に肛門部へ刺激を加え、負担をかけます。

 

症状のあらわれかた

症状の出始めは、出血するのみで、痛みは伴わないのが普通です。血液の色は鮮やかな赤のことが多いです。

 

血液の量としては紙に付く程度のものからポタポタと出たり、ひどくなると、ほとばしるように出るものまでさまざまです。

 

また出血の回数も初めは1ヶ月に1回とか、たまに出るだけなのが、1 週間に1回とか2回、ひどくなると排便のたびに毎日出るようになります。

 

出血するだけの状態から程度が進むと痔核が脱出するようになります。初めは排便でいきむ時だけ出ていて、排便が終わると自然にもどっていたのが、次第に指で押し込まなければもどらなくなります。もっと進むと、歩いたり、運動をしたり、咳、くしゃみをするだけで脱出するようになり、最後はいつも脱出したまま(脱肛) となってしまいます。

治療の方法

大きく分けて薬で症状を緩和する保存療法、外来で行う注射、ゴム輪結紮療法などの外来処置、そして入院して行う手術があります。

 

日常生活で肛門に負担をかけることに注意し薬で治療する保存療法が基本です。

 

内側の痔、便が硬い場合の痔の薬

 

 

 

薬で治らず、症状・病状がひどいものに対して外来処置を行い、それでも治らないものや病状の進んだものに対して手術を行います。

 

 

 

痔核の症状別にいえば、どの痔核にもまずは保存療法を行います。そして出血を繰り返すものに対しては注射療法を、脱出する痔核にはゴム輪結勢療法を、外痔核まで含んで脱出するものに対しては手術を行います。次にそれぞれの治療法について説明します。

保存療法

生活療法を中心とした保存療法が基本です。保存療法に使われる薬には坐薬、軟膏などの外用薬と内服薬があります。

坐薬、軟膏などの外用薬には出血を止めたり、痛みを和らげたりする効果があり、痔核により生じる症状を緩和しますが、外用薬のいちばんの効能は、便が出るときに肛門部に負担をかけないでスムーズに出るようにしてくれることです。

 

内服薬には痔核を小さくしたり痔核の血流改善を目的とするものがあります。そのほかに便秘を防ぐ目的で緩下剤の内服も効果があります。

注射療法

出血が止まらない痔核に対して外来で行う処置です。痔核に硬化剤を注射し、痔核の血管周辺に炎症を起こし、その二次的な線維化により痔核の血流を低下させ、出血を防ぎます。

 

外来で麻酔なしに簡単に行えますが、注射は痛みを感じない部位(内痔核の部位) を選んで行う必要があります。

 

内痔核に注射はできますが、外痔核を伴ったものに注射することは、痛みが生じるので不可能です。注射する探さにも注意が必要です。粘膜の下が理想的で、それより浅すぎると痔核の表面の粘膜がダメージを受けるし、探すぎると肛門周囲の組織に注射液が及び周囲組織の損傷などを引き起こして危険なことがあります。

ゴム輪結紮療法

痔核にゴム輪結祭器を使って輪ゴムをかけ、結紮する方法です。特殊な器具を用いて小さな輪ゴムを延ばし、伸びた輪ゴムを痔核の根部にはめ込みます。

 

輪ゴムは痔核の根部にはめ込まれてから徐々に痔核根部を締めていき、1~2週間後に痔核は腐って脱落します。

 

麻酔なしで行う方法なので、痛みを感じない痔核に行うようにします。内痔核だけが脱出するようになったものに有効な方法で外痔核には行いません。

手術

保存療法や注射療法を行っても出血がどうしても止まらず繰り返す場合や、痛みを感じる痔核を含めて脱出するようになり、それが日常生活に支障を来すような場合に手術を考えます。

 

手術は、痔核にそそぐ根部血管をしばつて、痔核を切除する方法(結緊切除術) が行われています。

排便時の出血に気づいたら

排便時に出血した場合は、とりあえず腸に病気がないかどうかのチェックが必要です。痔と思われて大腸癌が見過ごされることはよくあります。

 

真っ赤な出血であるからといって痔核によるものだと自己診断しないで、一度は診察を受けることが大切です。たまに出血するだけで、また脱出してもさほど日常生活上の支障を来さなければ、肛門を温湯で洗い乾燥させておくといった肛門衛生に留意し、肛門に負担をかけないように便通を整え、トイレで長時間いきむことや長時間の同一姿勢、激しいスポーツ、アルコール、香辛料などをひかえめにします。

 

出血を繰り返したり、脱出により痛みを生じるなどの症状を伴う場合は、坐薬、軟膏などの外用薬や内服薬を使ったほうが症状の改善が早まります。以上の保存療法を行っていても出血がひどく貧血になったり、脱出により日常生活に差し障りがあるような場合は、外来処置や手術の適応となります。

2017年3月30日 (木)

玄米乳酸菌を飲むようになって便通がスムーズになり、気になっていた吹き出物が改善

実家が農家で、みそやぬか漬けなどを手作りしていることもあり、もともと発酵食はとても身近なものでしたし、幼い頃からよく口にしてきたものでもあります。

そんな中、半年ほど前に知人が教えてくれたのが「玄米乳酸菌」です。

私は、玄米乳酸菌を起床後、空腹の状態でコップ1杯飲むようにしています。発酵の進み具合によっては、多少酸っぱいと思うこともありますが、体をキレイにしてくれる「恵みの宝」と思って飲んでいるので、体にしみわたっていく感覚が何とも嬉しいですね。

それに酸っぱいほうがなんとなく効くように思っています。ヨーグルトも自宅でつくっていますが、少し酸っぱいくらいに発酵してからのほうが腸に効く感じがしています。

そうして続けていると、腸内環境がよくなったのか、便通が整ってきました。定期的にバナナ状の便がきちんと出るようになり、トイレットペーパーが必要ないぐらいキレもいいんです。これまではいきんでもいきんでもころころの便しかでていなかったのでこの変化にはとても驚いています。

また、お腹から声を上手に出せるようになったことも、喜ばしいです。というのも、腸が元気になったことで、下腹や腰にぐっと力をこめて、よい声を出せるようになってきたのです。発声がスムーズにできるので、声楽がますます楽しくなってきました。

玄米乳酸菌は化粧水がわりにも活用しています。やり方は適量を手に取ってパッティングをするだけですが、肌質がなめらかになってきたようです。顔の色もワントーン明るくなり、透明感も出てきました。髪の毛になじませるとツヤがでるそうなので今度試してみたいと思っています。

玄米乳酸菌の口コミ、使用感、効能・効果一覧

2017年2月15日 (水)

キウイは便秘を解消し、かたい便がちょうどいい硬さに

3つの作用が効く

 

キウイフルーツが、便秘解消にとても効果的なのをご存じでしょうか?ここでは、2009年に金沢大学大学院医学系研究科の鈴木信孝特任教授らの研究グループが発表した、キウイの便通促進効果から考えてみたいと思います。

ビタミンCたっぷりなキウイフルーツで美肌をつくる

実際に大学で行われたキウイの便秘改善効果を検証するための実験ですので信頼できる情報です。

便秘に悩む42人の高齢者に、1日3回、キウイジュースの粉末カプセルを服用してもらい、4週間の経過を追ったものです。

その結果、服用前の排便回数が1日平均0.9回だったのが、服用後、2週間で1.3回に上昇しました。

かたかった便はやわらかくなり、おなかの張りが軽減しています。コロコロ便がキウイを食べたことによりつながった便に改善されました。


この理由として、鈴木教授は、キウイには3 つの作用があるとしています。1つめはキウイの食物繊維の効果。2 つめはキウイに含まれるアクチニジンというたんばく質分解酵素の働き。3つめがキウイの摂取によって生じる、オリゴ糖の作用です。

まず、食物繊維は一般に、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維の2種類あります。基本的には、水溶性2に対して不溶性1の割合が便秘には効果的な摂取方法というのが基本です。

キウイには、この2種類の食物繊維がバランスよく含まれています。ちなみに便秘改善用のトクホのイサゴールも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく配合されていることでかなりひどい便秘症の人でも改善しています。

キウイの不溶性食物繊維は、水を含んでふくらみ大腸の壁を刺激して、便の排出を促します。一方、水溶性食物繊維は、例えば、肉などといっしょに食べたとき、肉の脂肪分などをくるんで排出します。
つまり、余計な脂肪分の吸収を阻害するので、肥満防止に役立つのです。コレステロールを一緒に排泄してくれます。

 

次に、キウイのアクチニジンの効果です。肉などのたんばく質は、体内の酵素の働きでアミノ酸に分解されて、初めて消化吸収され、体内で栄養成分として有効に働きます。

ところが、年々、この酵素の働きが衰えてくるのです。こうした場合に、キウイのアクチニジンがたんばく質の分解を助け、消化をスムーズにしてくれます。

老化で酵素の働きが弱っている場合、たんばく質がよく吸収されないまま小腸へ進むと、それが原因で下痢になることがあります。さらに、この状態が続くと、栄養不足になるリスクもあるのです。
こうした意味で、キウイに含まれるアクチニジンは、低下した消化力の助けになるはずです。

腸内環境が改善されると精神安定にもつながる

 

次にキウイに含まれるオリゴ糖の働きについてです。キウイに含まれる多糖類(糖質の構成単位の1つの単糖類が多数結合したもの) が体内に入り、消化の過程で分解されてできるのがオリゴ糖です。

オリゴ糖はこちら。

 

オリゴ糖は、腸内の善玉菌をふやす働きがあります。腸内の善玉菌がふえ、腸内環境がよくなると、腸の動きもスムーズになり、それが便秘解消につながるのです。

 

「腸は第2の脳」といわれますが、善玉菌がふえて、腸内環境がよくなると、精神安定にもいいとされています。キウイには、ビタミンCや、抗酸化成分であるポリフェノールも多く含まれています。

 

ちなみに、キウイを食べると、口の中がヒリヒリする人がいます。口の中の粘膜もたんばく質でできていますから、これがアクチニジンの作用を受け、ヒリヒリしたり、かゆみ、痛みが生じたりするのです。これはアレルギー反応ではなく、体質の違いでで生じる現象です。

これを避けたい場合、通常のグリーンキウイよりアクチニジンの含有量が低いとされる、黄色い果肉のゴールデンキウイがお勧めです。

キウイはデザートとして食べるのが一般的ですが、特にお勧めしたいのは、ステーキなどの肉を食べるとき、キウイを野菜サラダの中に入れて食べる方法です。

 

このように、肉といっしょに摂取することで、キウイのアクチニジンがよく働き、肉のたんばく質を有効に分解・吸収できるのです。

こうした形で、キウイをぜひ上手に活用してみてください。ヨーグルトにキウイを入れて食べるのも美味です。わずかな酸味がとても美味しくなります。

 

«便秘体質の日本人のほとんどが「ねじれ腸」治すには大腸ゆらし